美容ブロガー

美容ブログです。コスメとかスキンケアとか色々やります。

Archive for the ‘ストレス’ tag

紫外線の悪影響について

紫外線が肌によくないということは、ほとんどの方が知っているかと思いますが、この紫外線は実は数分浴びただけでも、肌にダメージを与えるのです。近所だから、ちょっとそこまでだからと、日焼け止めも付けずに外出してはいませんか?

もし、思い当たるふしがあれば、明日からでも気をつけるようにされてください。それだけでも、肌に与える影響が随分変わってきますよ。紫外線は、シミやしわ、たるみを引き起こす原因になりますので、しっかりと予防しましょう。もし、日焼けしてしまった場合は、日焼け用のローションをつけたり、冷蔵庫で冷やした化粧水をたっぷりとつけて、肌にこもった熱を取ってあげてくださいね!

また、ストレスも肌には大敵です。ストレスを感じると、人間の体は酸化してしまいます。では、酸化するとどうなるのでしょう?人間の皮膚が酸化してしまうと、細胞がダメージを受けます。細胞がダメージを受けると、真皮にあるコラーゲンが硬くなってしまい、その結果、肌の弾力がなくなってしまいます。

加齢とともに衰える肌

赤ちゃんの肌って、毛穴がギュッと閉じていて、とても綺麗ですよね。化粧品のうたい文句でも、よく“赤ちゃんのような肌を”というフレーズを耳にするかと思います。いつまでも、赤ちゃんのような肌でいられたらという思いは、女性なら誰しもが持っていると思います。

もちろん、年齢を重ねれば、肌が少しずつ衰えていくのは仕方ないのかもしれません。物も長年使っていれば、必ず衰えていきます。しかし、大事にするのとしないのとでは、物の老朽化に差が出てきますよね。実は、お肌もそうなんです!年齢を重ねるたびに肌が衰えていくのは仕方のないこと。

しかし、これを諦めるのか、それともしっかりとケアしていくのかでは、明らかに違いが出てきます。お肌に刺激を与える原因で代表的なものは、「紫外線」、「ストレス」、「皮膚の乾燥」です。この刺激が肌を衰えさせているのです。

ニキビ跡が出来る原因(前編)

ニキビって10代に多いと思っていたら、それは間違いです。20代でも、30代でもニキビは出来るのです。20代を過ぎてからのニキビは、一般的に吹き出物と呼ばれていますが、吹き出物もニキビも根本的なものは同じです。本来、ニキビと言うのは肌が炎症した状態なのですが、この炎症度合いによって、ニキビ跡が出来るか、出来ないかが決まってきます。

まず、正常な肌の状態について説明しましょう。人間の肌は、皮下組織、真皮、表皮の3つの層で作られています。1番外側にあるのが表皮なのですが、この表皮は細かく分けると有棘層、基底層、顆粒層、角質層の4つの層に分けられます。この中で角質層という言葉は1度は聞いたことがあるかと思いますが、この角質層が最も外側にある層になります。人間の肌は約28日周期でターンオーバーを繰り返し、古くなった角質を取り除いて、新しい角質を作っているのですが、このターンオーバーがうまくいかなくなると、ニキビが出来る原因となるのです。それは何故でしょう?